2018年07月15日

スマホに機種交換 前編

世の中の情報提供がスマホに最適化されつつある現代においてもなお
長らくドコモのガラケー(FOMA)を愛用しておりましたが
色々ありまして、スマホ(Xi)への機種交換を現在検討中です

そもそも、なぜガラケーにこだわっていたかというと

1.ケータイはメールと電話が使えればそれでよかった
  ネットは自宅で光回線を使用しPCで閲覧していたし、写真はコンデジがあるから
2.ガラケーは月々の支払額が安かった(平均二千円超)
3.ドコモのファミリー割引で実家の両親とiモードメールと通話料が無料だった

自宅にいる時間が長いので、1でほぼ支障はなかったし
自宅に光回線をひかずスマホ一台で済ませるならまだしも
家のPCでネットしないことはもう有り得ないレベルまで生活に浸透してるので
家計における固定費という観点からすると
ネット+ケータイの通信費はなるべく安く抑えたかった

そして、最も危惧していたのは3の維持
このサービスがFOMA特有のもので、Xiに切り替えたら使えなくなるのでは
…と勝手に思い込んでいました

なので、周りのほとんどがスマホに移行しても頑なにガラケーを使っておりました

しかし、ある日
アホな話ですが、夢を見ました
夢の中で、スマホを持っていない=外で満足にネットに繋がらないことで
非常に不愉快な目に合い不利益を被りました

※夢です

目が覚めても残る不快感から
ちょっと真面目にスマホに乗り換えを検討し始める様になりました
ほんとに、しょーもない理由ですね

今年はビックイベントも控えているので
それがこんな夢を見た原因ではないかと思いますが
きっと何かのお告げなのでしょう、これを機に考えを改め
自分の中にあるスマホ乗り換えへの障壁を整理してみました

すると、一番気になっていたのは3でした
無料なのをいいことに、長電話することがままありますので

ドコモの公式サイトのよくある質問を見ても
探し方が悪くて答えを見つけられなかったので
コールセンターに問い合わせた結果

現在ファミリー割引で通話が無料になっている二者の
片方もしくは両方がスマホになったとしても
互いに変わらずドコモ同士なら通話無料はそのまま維持される
という回答をいただき、最大の障壁が一気に取り払われました

次の障壁は、ランニングコスト
ネットは自宅にWi-fi環境を構築し(うちのルーターは有線と無線両方に対応)
自宅内なら通信料がかからないようにして
外では乗換案内の検索やメール閲覧程度に抑えることを原則にして計算

さらに、スマホ本体代を抑えるため
Docomo Withから機種を選ぼうと考えておりました

Docomo Withは機種が限定されますが、その中から選べば
毎月割引があり、多くの人が利用する機種代24カ月分割支払いが終わっても
その割引が継続するので、3年目以降は安くなり
同じ端末を長く使う人に向いているプランです

以前からスマホ切り替えを推奨していた旦那さんに相談したところ
熱い要望が寄せられ、iPhone一択状態に

えええ…
猫に小判とか、豚に真珠とか、そういう言葉が頭に浮かびましたが
うまいこと抗弁が思いつかず、旦那さんの意見を尊重することにしました

現在、iPhoneといえばX(10)/8/7
7はすでに在庫限りの商品扱いで、その分お求めやすい価格になっていました
色もよっぽど変な色でなければ、どれでも良かったので7にしようと思っていました

現役iPhoneユーザーの生の声を色々聞かせていただくと
7でもいいけど、今なら8にすればいいでしょ!とのこと

まあ、確かに2−3年は持たせたいなら
新しい機種のほうがいいに決まってますよね…
ごもっとも

とはいえ、8は今年出た機種ですので安くはありません
さて、どうしたものか


posted by かえる at 23:00| Comment(0) | PC・ネット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。