2018年03月31日

勝浦朝市&大多喜たけのこ

東京に引っ越してきてから、半年ほど経ちました
春を迎え、たけのこの季節がやってきたので千葉県まで行くことを決意

旦那さんが、せっかくそこまでいくなら房総のほうまで行ってみたいと言うので
朝7時に出発し、まずは勝浦湾に向かいました

到着したのは10時ちょっと前、高速使って三時間弱かかりました
20180331_01.png

勝浦漁港の近くに、勝浦朝市というのがあり
海産物をはじめ、色々な店が並ぶと聞いたのでそこへ行ってみました
20180331_02.png
まずは一通り品揃えをみて、端まで来たので折り返していざお買い物

こちらのお店では、漬物や佃煮が並んでおりました
20180331_03.png
わたしは小女子の佃煮が昔から好きで、まずはそれが目に留まったのですが
わたし達の前に買っていたお客さんから、あさりの佃煮を勧められました
20180331_04.png
味見させてもらえたので、口にしてみると
確かに絶妙な甘辛具合で、しょっぱい佃煮が苦手なわたしには
どストライクな味付けでした

旦那さんも気に入ったようで、このあさりと小女子をお買い上げ

それから、今日の晩御飯の主菜によさそうな刺身がありました
20180331_05.png
かつおと迷いましたが、旦那さんに選んでもらった結果
めばちマグロを一冊お買い上げ
20180331_06.png
帰ったらご飯を用意して、まぐろ丼にしていただきましょう

さすがに二人で一度に食べきれる量ではなさそうなので
半分残して、明日焼いて食べようと思います
レシピなにかいいのがないか、調べないと

朝市をあとにし、近くの遠見岬(トミサキ)神社
20180331_07.png
ひな祭りの時に、この階段一杯に御雛様を並べる写真が有名な所です

拝殿は上の方にあるので、階段を上ります
20180331_08.png
坂の途中から撮った写真

この日は晴れていいお天気でした

お参りを済ませたら、大多喜へ移動開始
車で30分ほどしたら到着しました
20180331_14.png
こちらの郷土料理たけのこさんで、旬のたけのこ料理をいただきます

実は前にも一度来ていますが、久しぶりすぎて
前にどの席に座ったかも忘れてました

開店してすぐぐらいに到着しましたが、もうすでにほぼ満席

たけのこが採れる時期限定のたけのこ御膳が一押しなのですが
夕飯のまぐろのことを考えると、あまり食べすぎないように気を付けないとと思い
旦那さんと相談した結果、一人はたけのこ御膳、一人はもうちょっと控えめな膳
を頼むことにしました

で、こちらがたけのこ御膳です
20180331_09.png
前菜、煮物、甘味

地味にこの煮物がいい味付けで、今回のたけのこ御膳の中では2番目にお気に入り
20180331_10.png
左がたけのこの刺身で、右がたけのこの唐揚げと山菜のてんぷら
刺身は採れたてでないと食べられないので、まさに地元ならではの逸品
20180331_11.png
こちらは、たけのこのステーキ
手前のデミグラス風ソースをつけていただきます
20180331_12.png
そしてこちらが焼きたけのこ
甘い味噌をのせてから香ばしくこんがりと焼いており
今回のコースの中では、一番のお気に入りでした!
20180331_13.png
しめは、たけのこの混ぜご飯と味噌汁

混ぜご飯大好きなので嬉しい
そして、たけのこのお味噌汁ってこんなにおいしいんだなと思いました
自宅ではまずしない

その後、帰宅の途につき早めに戻りました
まだこちらは桜が見頃で、あまり遅くなると渋滞に巻き込まれそうだったので

忙しかった旦那さんが行きたいと言っていたところに
ようやく行くことができました

少しはリフレッシュできたかな?
そうだといいんですが


posted by かえる at 16:00| Comment(0) | 行楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。