2013年02月24日

海の幸、満喫

2/23に毎年恒例の
干しイモ(茨城県大洗)入手の旅に出た折、那珂湊まで足を伸ばし
新鮮な魚介類を買ってまいりました。

まず、一つははまぐり。
2ネットだと安くするよと言われ、冷凍できるよ!という誘い文句に負けて購入。

その日のうちに砂抜きの処理をして、冷蔵庫で一晩寝かせました。
※お店の人が砂抜きしてあるから大丈夫といっても、安心してはいけません。
砂抜きの処理すると、面白いくらい水になにかが浮いてますw

翌日のランチに、まずは旦那さん大のお気に入りのはまぐりのボンゴレ・ビアンコを。
20130304_01.png
ボンゴレって、あさりやはまぐりなどの二枚貝を使ったパスタ料理全般を指すようです。
(ビアンコ=白/塩、ホワイトソースなど使用 ロッソ=赤/トマトなど使用)
ボンゴレ=あさりと勘違いしていた私は、はまぐりのときはイタリア語でなんて言うのだろうと
頭を悩ませておりましたが、調べたら全くの徒労だったことが判明しましたw
ほかにはほたての貝柱を使ったレシピもあるみたいです。

こちらのサイト様のレシピを参考にさせていただきました。
で、出来上がったのがこれ
20130304_02.png
身がぷりぷりしてて実に美味しい。
新鮮なものでないとこうはならないんですよ。
だしもよく出ていて、味付けがシンプルでも十分旨い。

それからもう一点を、同日の夜のメインに。
二品目のぶりかまをいただくことに。
港にて、スーパーではまず売っていないような大きいものを見つけ、ほぼ即買い。

前回はぶり大根をしたのですが、調理に数時間かかる為ガス代がもったいない
今回はCpicon ブリカマの煮付け by シャンプーハットで調理してみました。
20130304_03.png
これが、近年まれにみる大ヒット!

へたなステーキより、美味しかった。
脂ののった白身に、生姜と甘辛いたれがよく染みていてすごい幸せ。
旦那さんがすっかり気に入ってしまい
スーパーでの買い物のとき、ぶりかまに反応するようになりました。

そして、冷凍するつもりだったもう1セットのはまぐりを
やっぱりおいしいうちに、ということで
はまぐりご飯に決定。

使用したレシピでは、菜の花を使用してましたが
調達できなかったのでカット。
20130304_04.png
はまぐりのだしでご飯を炊いて、炊きあがってからはまぐりを混ぜるというものなのですが
だしが利いていてあっさりながらもおいしく仕上がりました。

海無し県にいるせいかどうかわかりませんが
殊に新鮮な魚介類が美味しく感じられました。


posted by かえる at 21:39| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。